ラボ紹介 LABORATORY

居住環境計画研究室

従来の環境工学では、建物の環境性能のレベル維持のため、大多数の人が不満でない環境を提供するための研究を行なってきました。SDGsへの意識が高まる中、多種多様な人のより積極的な快適性や高いレベルの健康が望まれています。居住環境計画研究室では、多種多様な「ひと」の活動を支える建物やまちの居住環境の計画について、「ひと」を中心に考える研究を行ないます。

研究活動

今後、行っていく予定の研究

◎人の多様性を踏まえると、環境を自己選択することにより、人に対する好影響が得られるとともに、省エネルギーメリットも期待できる。そのような空間・環境設計においては、下記研究・開発が必要である。
①個人が選びたい環境に適応するパーソナルデバイスの研究・開発
 環境種別ごとに個人が選びたい環境の幅について研究、複合環境による他の環境要素への影響の評価(相互影響等)
②個人が選びたい環境を、人が移動して選択するためことを前提とした、場の設計要件に関する研究・設計資料の整備

◎活動と適した環境レベルについて、個々のデータに着目した研究
①人の性格や立場等の属性・活動内容ごとに、好む環境レベル、活動成果(知的生産性・創造性等)が上がる環境レベルを評価
②属性・活動内容別に、環境レベルごとの適した人の割合をデータベースとして整備
  ⇒住環境設計上、環境レベルごとの空間ボリューム選定等に寄与

◎種々の情報が人の行動変容に与える影響についての研究
①多様な人の環境選択、行動選択等により、住環境の設計思想等は変わってくることを想定
②情報伝達方法による人の環境・行動選択の変化に関する知見を取得
③情報提示により環境・行動選択への影響の関係をモデル化
  ⇒得られたモデルを用いた設計法の検討

担当教員

ラボ一覧へ